節分の的当てゲーム

 

 

皆さんこんにちは(^^)

 

 

みなさん節分に恵方巻は食べましたか。

 

 

今年の方角は西南西でしたね。

 

 

節分とは、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・

 

 

 

立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものだったそうです。

 

 

 

ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、

 

 

 

次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

 

 

 

また、節分には豆まきをしますが、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があるそうですよ(^O^)

 

 

 

そこで、ココロココ三島では、2月3日の節分に一年間の無病息災を願って、鬼の的当てゲームをしました。

 

 

 

 

 

 

新聞紙を丸めたボールが、100点の書かれた箱に入ると歓声が上がり、

 

 

とっても白熱した戦いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

身体を動かした後は、皆さんで鬼の升を作り、豆に見立てた甘納豆を入れて食べました。^^

 

 

 

 

 

 

今年もココロの鬼を追い出して、ふくを呼び込むことが出来ました♡