中庭でお茶会

雨に濡れ、木々の緑も深みを増す6月になりました。

高松中央には、緑の木々や季節の花々が咲く「中庭」があります。

「中庭」とは?・・・少し調べてみました。

スペイン語で「パティオ」というそうで、スペインでは建物に囲まれたオープンスペースで、

周りの住人や路地を行く人たちがちょっと立ち止まり、花を観賞したり、井戸端会議に花を

咲かせるところ、だそうです。

中庭は、近隣住民の貴重なコミュニケーションの場のようですね。

せっかくですから、高松中央のみどり豊かな中庭をもっと活用していこう!

ということで、まずは「お茶会」を開いてみました。

新入社員の永太郎さん(うさぎ)も喜んで飛び跳ねています。

「お部屋から見るだけだったお庭がなんて気持ちいいんでしょう!」

「あら、あなた!お元気だった?最近、私ね・・・」

ひごろ、お食事の時に席が違う方とは、なかなかおしゃべりする機会が

ありません。

ぜひ、たくさんの入居者様の交流の場となりますように。

今後は、グラウンドゴルフ、デイキャンプ、パーソナル流しそうめん・・・

などなど、中庭でのおもしろそうな企画を考案中です。

どうかお楽しみに!

余談ですが、緑をきれいに整えるため、月1回の草刈りは欠かせません。

また、コロナがおさまりましたら、どうぞ遊びにおいでください。